不安→タッチ→満面の笑み→登校~タッチケア、その後

無駄に叱らずにすみました

9歳の女の子とご主人タッチ

(掲載の了承得ております)

お子さんへは、寝る前、登校前、毎日タッチケアをしていらっしゃいます。


受講後、夜寝る前はほとんど毎日

寝る前に背中と腕に。

とても満足そうでおだやかな様子。

「夜中に1回も起きずにぐっすり眠れる」とのこと。

今日も良い夢を見てね♡と思いながらタッチしている。

そうすると、自分も娘に対してやさしい気持ちになってくる。

毎朝登校前

手と手のタッチ・ハグ・お互いのほっぺたにチュ♡

登校前に不安な顔をしていても、満面の笑顔になり元気いっぱい出掛けていく。

送り出す方も、笑顔で出かけていく様子を見て、1日頑張ろう!とやる気が出る。

ある朝、登校しぶりで泣いてしまったとき

話かけながらのマッサージをしていたら、

すぐに気持ちが落ち着き、頬がピンク色になり、もう大丈夫!と元気に登校していった。

泣かれてしまうと何とかしなくちゃ、と焦ってしまうのですが、
マッサージをしながら話していると、私自身の気持ちも落ち着かせる効果もあるので、
いつもみたいに無駄に叱ってしまうこともなく良かったと思った。


娘から母にタッチケア

お風呂に入っている時、背中や腕などに娘がやってくれた。

とても気持ちがよく、とても幸せな気分になった。

娘は「ママのお手伝いができた~!」と嬉しそうに大はしゃぎしていた。


夫に

「風邪気味で寒気がしていたが、背中を直接手でマッサージしてもらったら、
身体全体が温かくなってきたのが不思議な感覚」と話していた。

普段あわただしく過ごしてしまって、

ゆっくり話したりする時間も少なかったので、

マッサージの間の時間だけでも、落ち着いた時間が取れて、

子供以外の事も話すきっかけになってよかったと思った。




怒らず、焦らず、まずタッチ

子どもが泣いたりぐずったりすると、

はやく何とかしないと!と焦りますよね。

実際は親が焦れば焦るだけ逆効果です。

登校しぶりの時には、

「じゃあ、もう行かなくてもいい!」とあきらめてしまったり、

「行かなくてないけないの!」と強制してしまったりすること、

あると思います。

(私も無理無理行かせた時期がありました。息子、すまぬ<(_ _)>)

そんな時に、お母さんが落ち着いてタッチをしたことで、

お子さんは自分の力で気持ちを切り替えて、

自分の意思で登校できました!

お母さんにタッチのお返しをして喜んでもらったことで、

お子さん自身も嬉しい気持ちを味わっています。

ご主人とも、子ども以外のことを話すきっかけができて良かったです。