深い所でつながりを取り戻しつつあるような~タッチケア、その後

小学生男子

一日一日と変わっていくお子さん(小学生男子)の様子がすごいです!
(掲載の了承得ております。)

「とても楽しかったです!そして、タッチすごいです!」

自閉症スペクトラムの次男に

1日目

緊張しているみたいに、体に力が入り、ビクッと何度かなり、

まだ終わらないの?と言っていました。。。

順番など気にしないようにと思いながらも、やはりぎこちなくなり、

触ること自体に集中してしまい、相手を思いやる事ができなかった。。。


2日目

じっとしてさわられることに抵抗がなくなった様子で、

次にどうするを伝えられる安心感と、嫌だとか気持ちがいいが言える事に喜んでいる。

タッチしていいかな?と思いながら触り、

気持ちいいよと意思表示してくれた事に嬉しくて、

タッチできることに嬉しくて穏やかな気持ちでした。


3日目

ママ~、今日も僕とママの儀式する?と言ってきた。

おおきなタオルケットや布団の準備すべて自分でやり、私を呼びにきた。

深い所でつながりを取り戻しつつあるような感覚で、

少し前まで、何が伝えたい?よくわからなかったのが何となくわかりあえて来ているように、触れることでおだやかになる。


4日目 

長男さんにもタッチをしたところ

触れられることがうれしいみたいに、リラックスして、

数分後ぐっすり寝てしまいました。

相手のリラックスしたのが伝わり、自分もゆったりした気持ちとまたタッチしてあげたいなと温かい気持ちでした。




そして、この方は会社の同僚にもタッチをしてみたところ、

「普通のマッサージと違って、

自分を大事にしてもらっている気がして気持ちいい。

これがホントの手当てなんだろうね。

タッチには不思議な安心感と力があるよね。」

と言ってくれたそうです。

それを聞いて、

「言葉を超えた不思議と信頼や思いやりコミュニケーションが取れた気がした。」と書いていらっしゃいます。

ふれる人に、相手を想う気持ちがあって、

ふれてもらっている人が「この人は信頼できる」と心身をあずけて

信頼してくれた時に、こういうことが起きます。