小学校サマースクール~災害時に役に立つタッチケア・アロマハンドトリートメント

小学校で行うサマースクール 今年で3年目となります。

アロマの講座は人気があり、毎年抽選になるので
年々定員を増やしています。

今年は初めて行った<災害時に役に立つタッチケア>も好評です。



ひとりでは目が行き届かないので、

毎年、めごめごの教室に来ていただいた方にお願いして、

ボランティアスタッフをしていただいています。

もう流れを把握してくださっているので、お任せしてます。

名付けて、チームめごめご。

ボランティアで来てくださる皆様には、感謝感謝です。

残すところあと1校。

本当に伝えたいのはこういうことです。

・人にふれる意味

・なぜ、ふれること、ふれられることが大切なのか

・人にふれるという事は、相手を尊重するということ

・相手を尊重するという事は、相手から信頼されることだということ

・ふれているときは、「ただただあなたと一緒にいることがうれしいです」という気持ちでいること

夏休みに、こんな話をしたおばさんがいたなあ~、と

ふと思い出してくれたら、本当に嬉しいです。



昨年、

「触覚は一番最初に発達して、一番最後まで残る」

というお話をしました。

そうしたら、一人の女の子のお母さんが、

「娘がそのことを覚えていて、

昨年ひいおばあちゃんが亡くなる時にさわっていてあげたんです。」

と教えてくれました。

これを聞いただけで、うるうる。

アンケートをよむと、

ほとんどの子どもたち、保護者さんが、

「家で家族にやります」と書いてくれています。

もう、ほんとうにやってよかったです照れ

その場限りの楽しい時間だけでなく、

家族や友達とのコミュニケーションがもっとふえたらいいな

と思ってやっているので、このアンケートは宝物です。

最初は、<人にふれる>ことにおっかなびっくりな子どもたちも、

目に見えて慣れていきます。

2年連続参加してくれた女の子は、

すっかり危なげなくトリートメントができています。

1年間家でもやっていてくれたのかな?

毎年思うことですが、

子どもたちは飲み込みがはやいはやい!

先入観や思い込みがないので、

言われた通りにやってみようと真剣に取り組みます。

細かいところでも、ちゃんと伝えると、ちゃんとできるようになります。

子どもだと思って、簡単にしようと思ったことが失礼なのかも。

今年は最年少5才の男の子のおうちセラピストが誕生しました!!

1時間半、小学校高学年のお姉さんたちとすべていっしょに行いました。

取り組みかたといい、手つきといい、素晴らしかったです。

5才の男の子が、見ていてこんなに気持ちよさそうなトリートメントができるなんて!と大人たちみんな驚きでした。

あの子どもたち、

家でどんな会話をしながら、どんなふうにやっているのかな?