言葉を超えた愛してるを伝える~タッチケア、その後

凸凹アカデミー受講生の皆さんからいただいた感想を紹介します。
(掲載の了承得ております)


お互いに伝えたいのに伝わっていない違和感が、、、

アロマオイルを使う生活をして約1年くらいになります。

香りが脳機能や神経に作用するといったことなのだろうと思うのですが
登校するとき、ハンカチにアロマオイルを数的垂らし、
不安になったら匂うを繰り返し、
久しぶりに登校できました。

バスソルトにアロマを混ぜて入浴したら、

落ちつきを取り戻したようにゆったりし、

挙動不審がおさまりつつあります。

タッチケアもアロマテラピーも目には見えない繊細な部分に確実に作用している気がします。

お互いに伝えたい気持ち

分かりたいのに分からない事で、

深い所でつながっていない気がして違和感がある生活に、

言葉を超えた愛してるよを伝える素晴らしいコミュニケーション方法だと感動しました!




肌感覚も香りも人間の一番深いところに作用している

私も読んで感動しました!

香りの肌感覚も、人間の一番深い所に、常に、確実に、影響を与えています。

感覚にとても繊細な部分を持っている凸凹君、凸凹さんにとって、

香りやふれあいは、思っている以上の効果を発揮することがあります。

触覚と嗅覚が満足できる空間にいる時、

私達は居心地が良いと感じることができます。

オキシトシンがたくさん分泌されるからだと思います。

オキシトシンが分泌されていると、

自分が満たされる気持ちになり、

ゆったりとした気持ちになると、周りに目が向くようになり、

まわりの人に対しても優しい気持ちで接することができるようになり、

それが水面にできる輪のように静かに広がっていく気がします。